先日申し込みをしたビック光の工事がようやく終わり、ボクの家にも光回線が使えるようになった。

スポンサーリンク


13時〜17時の間に来るというアバウトな工事時間帯の指定だった。ボクの家には14時頃に電話があり、あと30分程度で到着と言われ14時半頃やってきた。工事の人は二人。てきぱきと作業を開始した。一人が外からケーブルを引き込み、もう一人が自宅内でケーブルを受けるといった感じ。

大抵のマンションの場合はマンションの建物までは光の回線が来ているので、そこから部屋までの引き込みが主な工事内容だ。一戸建てだとそうはいかないので、工事費も割高となるのだろう。

電話のカバーまで光の回線を通せるタイプのものに変更になった。賃貸の場合はあとで現状復帰が必要になるのだろうか。

IMG 5963

15分ほどで工事が終了。ワコムのペンタブレットでサインを求められ、その場で納品書を印刷。なかなかシステマチックだ。この人たちは工事を代行しているだけの人のようで、なんの説明もなく、こちらに質問がないか聞く事もなく、最低限の会話のみで終了。まあ何のサポートのオプションも付けていないのでむしろ清々しい。ようやくこれで開通した。

接続のためのID,passはIIJのmioIDでログインして確認をする。とにかく紙が少なくてよいが、知らないと苦労する点かもしれない。先日購入したAir Mac Expressを接続してめでたくインターネットが使えるようになった。速度は70M程度。体感としてはLTE回線で調子のいいときとさほど変わらない。爆速ではないが、ストレスは全く感じない。これで十分だ。快適なインターネットライフができる。

光回線を巡るNTT、KDDI、ソフトバンクの野望―知られざる通信戦争の真実
日経コミュニケーション編集
日経BP社
売り上げランキング: 167,053