10月からのマラソンシーズンに向けて9月にレースを走っておきたい。結局雨が多かったり、暑すぎたりで練習は捗らないものだが、自分の駄目っぷりを実感する目的でもある。

スポンサーリンク


去年も森林公園のマラソンフェスタの10キロに出て完走できなかったり、過去には千倉ロードレースで制限時間に間に合わなかったりといつも9月はダメダメなのだ。

今年はどこにしようかと思ったが、エントリー競争がなく日程も手頃な越後湯沢に遠征することに。

越後湯沢は昔スキーでよく行っていたが近年はさっぱり足が遠のいている。石打丸山や花岡スキー場がボクの中ではメインゲレンデ。

夏に行くのは初めてだが、どうなっているだろうか。

各駅停車で越後湯沢へ

もういい大人なので新幹線で行こうと思っていたが、なんとなく昔を懐かしんで各駅停車で向かう。スキーシーズンはちょうど青春18切符が使えるので重宝したものだが、この時期はやっていない。各駅停車で4時間の旅。ホテルのチェックインまでに到着すればいいのでのんびり行こう。 高崎までは高崎線のグリーン車で行こうかなと思っていたが、グリーン車が妙に混雑。普通車のほうが空いてるくらい。最近はグリーン車人気だな。各駅停車で行くネックは水上から越後湯沢までの上越線が極端に本数が少ないこと。そこさえ時間をあわせておけばそんなに苦ではない。東京からお値段3,350円。ういたお金で越後湯沢でうまいものでも喰おう。

途中モグラ駅の土合駅などを通って無事13時前に到着。

事前受付で5%オフ券

駅では事前受付の準備が進められていた。13時からの事前受付をしてゼッケンを受け取る。前日受付すると特典があると書いてあったが、駅のお土産屋さんでの5%オフ券が通常1枚のところ、2枚もらえるようだ。たくさんのお店があるが、1店舗で1枚しか使えないので2店舗で使うことができる。ありがたい。

そばの名店しんばしで昼食

越後湯沢は駅からすぐが温泉街の貴重な立地。この立地は便利だ。ホテルの近くにも飲食店が立ち並びいい雰囲気。お昼はそばが食べたかったので、この界隈では有名らしい「しんばし」というお店へ。最近建て替わったようだ。古い建物が目立つなか儲かっている証拠だな。

IMG 0346

天もりを注文。そばは普通な感じだが、天ぷらがうまい。やっぱり野菜の質が違うのだろうか。

IMG 0343 IMG 0348

関連ランキング:そば(蕎麦) | 越後湯沢駅

水屋で湯澤るうろ

ホテルのチェックイン時間にまだ余裕があったので、駅前の「んやま」というところに併設されているカフェ「水屋」へ。ここは「湯澤るうろ」という米粉を使ったロールケーキが自慢らしい。他にも温泉コーヒーなど地の利を活かしたカフェだ。こういう和が入ったカフェはいいな。調子に乗って湯澤るうろと温泉プリンをオーダー。地方で美味しいスイーツに出会うと嬉しくなる。明日マラソンなんだけどねー。しかしこれまた絶品でした。

IMG 0358

関連ランキング:喫茶店 | 越後湯沢駅

ホテルは湯沢ニューオータニ

はじめは当日の新幹線で行くつもりだったが、思いのほか宿が安く取れたので前泊ができた。マラソンに合わせて周囲のホテルはかなり高額であったが、ここだけBooking.comの朝食付きで1万円を切ったバーゲンにたまたま遭遇できた。予約サイトによって随分値段が違うものだ。古い外観だが、ニューオータニのリーフパイなどを売っているところを見るとほんとにニューオータニ系列なんだろう。外で出迎える人がいて丁寧な案内だった。明日マラソンに出るかを聞かれ、チェックアウト後も温泉が無料で利用できるという。このあたりチェックアウト後のスキー客もいるだろうから基本のサービスのようだ。領収書を見せてくれと言われた。帰りも寄らせて貰おう。

石打まで前日練習

昔よくスキーに行った石打方面だどうなっているか見たくて石打まで走ってみることにした。約6キロの道のり。帰りは電車に乗ればいいやくらいの気持ちで出走。昔は越後湯沢まで旅館の送迎があって車で連れて行ってくれたのを思い出す。道は全然変わっていない。あの頃を思い出す。

途中秋桜も咲いていた。やはりこの時期シーズンなんだな。美しい。

IMG 0363

石打ユングパルナスもよく行ったなー。

IMG 0362

かつてのホームグランド花岡スキー場に到着。リフトが1本だけの簡素なスキー場だが、初心者にはちょうどよいのだ。

IMG 0369

あまり変わっておらず、まだ営業しているようで安心した。近くのファースト石打は何年も前に潰れたようだが、看板はまだ残ってたな。

IMG 0375

しかし近くの旅館は閉館しているところが多い。あースキー人気もだいぶ落ちているだろうし、元々住居なので、高齢化も進んでいるのだろう。苗場のバブル期に建ったマンションが10万円で売られているというし、バブルに踊らされて飲み込まれた感じが寂しさも感じる。

色々思いに耽りながら、無事に走って帰ってくることができた。民宿や旅館はこの時期閉めているところも多いが、いくつかはマラソン客向けに営業しているところもあった。こういうところで商売センスが出るのだろうか。元気なところとそうでないところが混在している感じがある。美味しい空気もたくさん吸って明日もなんとか走れそうだ。

山の湯で汗を流す

途中町営温泉の山の湯で汗を流す。参加賞で町営の温泉なら無料、ホテルの温泉なら500円という券があったので利用してみることに。通常町営は500円、ホテルは1,000円の立ち寄り湯なので500円引きということだろう。これを参加者全員に配るんだからすごい。マラソン後は近くの温泉に行きたいが、大混雑でまず入れない。いかに周囲に温泉が豊富かという自信のあるところだろう。

IMG 0384

なかなか雰囲気がある。4人くらいで満員になりそうな小さな温泉だったが、結構マラソン客がいた。遠征組がかなりいるな。

IMG 0385

夕食はとんかつ人参亭へ

夜も暮れてきて夕食へ向かう。そろそろコシヒカリを食べたい。来る時目星をつけていたとんかつ屋人参亭へ。なかなかこだわりのあるお店のようだ。

IMG 0389

ボリュームたっぷり。とても美味しい。ご飯もたっぷり一合あるそうだ。あーこれはいいが、明日マラソン大丈夫かなーと思いながらも平らげてしまった。

IMG 0391 IMG 0392

関連ランキング:とんかつ | 越後湯沢駅

帰ってもう一度ホテルの温泉に入る。温泉はそんなに広くないが、廊下に無料の足マッサージ器がお試しで置いてある。マラソン後に使ってみよう。その後は部屋に戻ってヤスダヨーグルトを飲んでくつろぐ。これって新潟県内だと50円安いんだったかな。

IMG 0395

初めて石打の旅館の朝食で出されてあまりの美味しさに感動したものだった。これが普通に東京でも売られていて全く知らずに驚いたものだ。今でもたまに飲みたくなる飽きの来ない味。

ホテルの売店5%引き券もあったので、40%引きで売っていたホテルのカレーも買う。賞味期限が間近らしい。作ってはみたものの売れなかったのだろうか。

IMG 0397

Amazonでも訳ありで売られているなんて。

なんだかんだで大満足で前日を過ごした。やっぱり温泉が豊富にあって、食べ物も美味しくて交通が便利なのが素晴らしい。これは遠征組が多いのもわかる。久しぶりにテレビに桐谷さんが出ていたのでそちらを見ながら早めの就寝。あーなんだかすっかりくつろいでしまったが、明日は大丈夫かな。