昨日は田園都市線が朝からすごい遅延だったようだ。電気が通らなくなったって、いったい。

Chien

そろそろ大幅修繕が必要な時期なのだろう。今後もいつ止まるともわからない。

スポンサーリンク


今こそスニーカー通勤

こんなときこそスポーツ庁が推奨しているスニーカー通勤だ。

こんなことで電車が止まってしまったら、バスか歩くしかない。バスだってすぐに増便できるわけないから一駅、二駅の人は歩くのが早いだろう。

そんなとき革靴なんて何の役にも立たない。時間に厳しく、何があっても会社に向かわねばならないサラリーマンだからこそ、いざというとき機動力の発揮できるスニーカーなのではないだろうか。最後は走ることだってできる。時間通りに出社の最後の武器だ。

スーツに合う革靴っぽいスニーカーに人気が集まっているらしいが、そうではなく機能性の高いスニーカーを履くべきという方向に持って行ってほしい。いや持っていきたい。もう形にこだわるのはやめて機能重視でいい仕事をしていくべきではないかとスニーカー通勤の普及を強く願う。

まずは田園都市線ユーザーから初めては

こんなに大幅遅延が起こってしまう田園都市線ユーザーこそ、スニーカー通勤をはじめるのはもってこいなのではないだろうか。逆境こそチャンスだ。遅延がなんだ、田園都市線ユーザーはスニーカーで2駅くらい平気で歩けるくらいの強さが欲しい。

最近停電などで遅延の激しい渋谷から二子玉川までスニーカーウォーキングイベントなんてどうだろう。この区間を歩ききる自信がつけば遅延も怖くない。

鈴木大地長官、スニーカー通勤の普及期待してるぞ。頼む。