まさかの小室哲哉さんの引退。ここまで赤裸々な記者会見で終わるとは。。

スポンサーリンク


My Revolutionを作ってくれた人

美里ファンにとってはもちろんMy Revolutionを作ってくれた人。90年代にムーブメントを起こした小室ファミリーなんて言われているが、そのもっと前、TM Networkのヒットよりも前がMy Revolutionなのだ。

IMG 1180

初期のアルバム「eyes」、「Lovin' you」には小室哲哉さん作曲の曲がたくさん収められている。

第1回の西武球場にも出演しているんだよな。

今思うと最後は1995年の「Baby Faith」に収録されいる「I Wish」なんだな。

ボクが美里を聞き始めたのは「HELLO LOVERS」からとちょっと遅い。初めて美里との共演を見たのはLive EPIC25というエピックが25周年のときの記念ライブだった。これだけ小室ブームがあったので、まさか共演を見れるとはと感動した。あのときサントリーのジャンパーが欲しくてヤフオクで手に入れたんだった。

90年代はとにかくすごかった

90年代の小室ファミリーの勢いはすごくて、その前の80年代の美里が取り上げられることはほとんどなかった。この引退の話題でも出るのは90年代のことばかり。90年代ってすごかったんだなと改めて思い出す。

globeのコンサートに行ったこともあるんだけど、とにかく取り巻きが多くてロビーは関係者と思われる人でごった返していたし、駐車場なんか関係者の車がすごい台数だったもんな。

迷っていたのかな

以前から体調の問題がありそうだったので、この文春の取材が自分での区切りをつけるきっかけとなったのだろうか。普通に会見を見るとなんでここで引退と思ってしまってしまうが、何かのきっかえで自分がいままで迷っていたことがふっとふっきれてすんなり実行してしまうことってあるよね。

人間上に行けば行くほど孤独になる。発言力が強くなればなるほど怖さもあって誰も近づかなくなるのだ。

今後はどういう立場になるんだろうか。これからが気になって仕方がない。昔からよく聞いていた氷室さん、小室さん、安室さんと次々に引退してしまって寂しい限りだが、美里は引退しない。小室さんが作った曲を歌い続けていってほしい。