国際線は液体が100cc未満でないと持ち込めない。

スポンサーリンク


普通にペットボトルなんかを制限エリア内に持ち込むことができないのだ。

今回台湾に行くのにバニラエアを使ったが、当然ドリンクは出てこず、制限エリア内に入ってから購入か機内で購入しないと入手できないのだ。

当たり前と思っても機内は高いし、成田の第3ターミナルで買えるのか不安があった。

国内線は殺風景だが、一応売店はあったので、まああるだろうと思っていたが、免税店も少しあるし、自動販売機もあった。

Thumb IMG 3305 1024

種類は1種類だけ。値段は140円だ。成田空港オリジナルブランドのようだが、水にしては高いな。くうすいと読むらしい。

Thumb IMG 3306 1024

みんなLCCだし、ここでは水はよく売れているようで、ドル箱だな。いい商売だ。ちなみに売店もあったが、外税がかかるようで自動販売機よりもさらに高くなる。これは作戦だろうか。ここでしか買う場所がないので、機内販売よりも微妙に安い価格設定なのだろう。

海外の空港では水の汲める場所があったりするが、ここでは冷水器のみあった。ここで注ぐのはちと引けるし、やっぱり自動販売機で買うしかないだろう。売店より自動販売機のほうが安いとだけ覚えておけば迷う必要はない。

機内は乾燥するので、2本ほど購入していざ搭乗だ。

Thumb IMG 3308 1024