萩から帰りは山口宇部空港経由で帰ることにした。萩石見空港より山口宇部空港からのほうが航空券が安いのだ。空港的には毎年マラソンに行っている萩石見空港が好きなんだけど、どうにも高い。また1日2便が危うくなったらまた値下げするんだろうけど。

スポンサーリンク


しかし、萩から山口宇部空港への移動が高い。いつもは乗合のジャンボタクシーで行くんだけど、消費税の増税もあって、かつての3,500円からもう3,700円になってしまった。それでも家まで迎えにきてくれるし、一番楽ではあるんだけど。

もうちょっと安く行ける方法はないかと考えてみた。

最安は美祢線経由

かつて美祢線を使って行ったことがあるんだけど、山陰本線がなんとも本数がなくて萩駅から行くのはほぼ不可能。長門市駅までバスでいかねばならぬがこれも本数が少ない。そして美祢線と接続していない。安いんだけど、時間がかなりかかる。

スーパーはぎ号プラス宇部線が安くて合理的

大河ドラマ花燃ゆが放送されたときにスーパーはぎ号という新山口駅と萩を結ぶノンストップ直行バスができた。当時は1,000円で路線バスよりダントツ安く早くて重宝した。大河ドラマの終了とともに打ち切られるはずだったが、人気に応じて継続されることになった。しかしお値段は1,500円になった。それでもまだ路線バスより安いんだけど。そして増税で1,550円になったがまだ安い。

まずはこれに乗って新山口を目指す。おすすめは萩バスセンターから乗ると自動販売機もあって、降りるときに支払うより支払いがスムーズ。そして萩日記の看板を見ることができる。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5f5d

バスは豪華でテーブル付きのときもある。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5f5e

新山口駅から高速バスで山口宇部空港に行くこともできるが、900円くらいする。安く行くには宇部線を使って草江という駅で降りる。そこから歩いて山口宇部空港に行けるのだ。昔はそんな案内すらなく、山口宇部空港の近くに駅があるなんて知らなかったが、最近は看板もできた。しかし無人駅。幹線でないので、運賃も安く500円くらいで行ける。少し歩くが、すごく待ち時間があるわけでもなく、まあ安く合理的に行く手段としてはおすすめだ。鉄道の旅も楽しめるしね。ここで数名降りる人がいて空港方面に向かう人もいるので認知はされているのだろう。

時間に余裕があれば草江駅からINKSPOTでパフェ

飛行機の搭乗まで時間があれば、草江駅から徒歩10分くらいのところにあるINKSPOTというパフェで有名なお店がある。そこに立ち寄って大きなパフェを食べるのも旅の最後の思い出におすすめ。前から行きたいと思っていたが、ジャンボタクシーだとあまり時間がないしで行く機会がなかった。このルートで行って初めてよ寄ることができた。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5f6d

故郷に帰省というのは行き帰りが単調になりがちだが、慣れたルートだからこそ少し工夫をしてちょっと変わったルートで帰るのも面白い。それにしても最近は年齢を重ね、あと何回元気に帰省できるだろうかと帰りの飛行機では思いにふけることが多い。あー故郷を離れるときって寂しいねぇ。