もうコロナコロナでいよいよオンライン会議が増えてきた。

スポンサーリンク


自分はオンライン会議の主催者になって相変わらず職場にいるのだが、数名来れない人がオンライン会議システムZoomで参加してくるみたいな感じ。

NewImage

全員Zoomにならないのが、まだまだ古い感じがするがまあ少しずつ進化なんだろうな。

この過程だと会議室自体に何人かいて、何人かのZoom参加者の様子を1台のモニタで見る感じがそれっぽくなる。

会議室参加者は何にも準備してこないので、環境をセットする必要がある。

各自がパソコンを持ってくるとハウリングするので、1部屋には1つのパソコンをみんなで見るみたいなことになる。

プロジェクタなり、モニタは会議室にはだいたいセットされているので、問題はどうやって会場参加もオンライン参加も見やすい環境を作るかだ。

初めはノートパソコン1台をプロジェクタにつないで、高さのある机にノートパソコンを置いて、インカメラの角度というかノートパソコンのふたの位置を調整して全体をみせるみたいなことをしていたのだが、カメラの角度が付けづらく、特に音声がオンライン参加者から聞こえづらいみたいだ。ノートパソコンのマイクってそんなに指向性はよくないらしい。会議室にいる人にとってはプロジェクタのスピーカーから音が出るので聞こえにくいということはないようだ。

カメラの角度がつけやすくするためにはやっぱりカメラは外付けWebカメラがいいだろう。まず用意したのがこれ。

Webカメラはそこそこいいものを買ったほうがいい。これはマイクも内蔵なので、かなり環境がよくなる。カメラをふさぐふたもあるので、地味に便利。これを三脚にもなる自撮り棒につけると角度も自由だ。そういえばWebカメラってズームしたりする機能は案外ないな。Zoomで使うのにね。カメラの映像はパソコンの画面を通してしか見れないので、ハンディカメラっぽく回すみたなことは案外できない。ビデオカメラをWebカメラとして使おうと思うと別の道具が必要になって案外ハードルが高い。Webカメラはあくまで固定の定点カメラという位置付けがよいだろう。

ここ最近で自撮り棒はほんとに進化した。軽くて簡単に三脚になる。

マイクもWebカメラのものでだいぶよくなるが、会議室側の人数が多い場合は、中心に集音マイクを置けるとさらによくなる。ちと高いがYAMAHAからいいのが出ている。お偉いさんが集まる会議ではこれくらいあってもいいだろう。これがあるとだいぶ安心感がある。

さらにもう講演みたい数名が大多数に呼びかけるみたいなのになると背景にこだわりたい。ウェビナーだと顔が見えないのでいまいち味気ない感じがするので大人数でもやっぱり会議形式が良い気がする。この場合、プロジェクタに向かって大勢がいるのが見えた状態で喋る感じのほうが雰囲気が出る。そうなると演壇が通常と逆になるので、背景が乏しい。この場合はやっぱりバーチャル背景を使って雰囲気を出したい。緑の布を貼れば綺麗にバーチャル背景ができるが、これが案外売ってない。手芸屋みたいなところに行ってみたが、高さが2メートルある布なんてないのね。あったとしてもしわをとるのも面倒なのでちと奮発して簡単に組み立てられるものを買ってみた。ここまでやれば完璧。

やってみて思うのは人間でいう目、耳、口をどうやってパソコンで表現するか、会議の形態によってどこから拾ってあげるとスムーズになるかを考え、必要な道具を用意することが重要だ。

多くの人は何も準備せず、スタジオみたいなのを求める。オンライン会議は各自のデバイスでが基本なので、配信会場みたいなのを設けようとするとこれくらいの小道具が必要だ。総額10万円以内で整備できる。もう少しこだわろうと思うと長いUSBケーブルがあったりするといいかもしれない。まああんまりやると複雑になって足ひっかけたり、できる人しかできないと思われるので、これくらいやっておけば、どんなパターンがあっても当面は対応できるだろう。コロナは早く終息して欲しいと思う反面、こういうの調べたりするのは楽しいし、このまま一部だけではなく全員在宅勤務まで持っていけないかなと思ったり。