7月だ、暑い夏がやってきた。

暑いのは好きなほうだが、なんといっても今年はマスクを強要されるのがつらい。

スポンサーリンク


マスクの効果ってどんなもんだろうか。こんなに強要されねばならぬものなのだろうか。人によって見解が違うからまた誤解を招きやすい。マスク警察なんてのもいるしね。

涼しいマスク

どのマスクも暑くて、つらい。どこかに涼しいマスクはないものか。

夏用と銘打っているものはドラックストアにはまず売っていない。マスクに通気性を求めるのが間違っているのだろう。

ミズノなんかがマスクを出しているが、人気すぎて買えない。

ユニクロのマスクも結局夏用ではなかった。そもそも夏用マスクなんてものは元々ないのだ。

あるとしたらマスクの形状をしているというだけ、マスクの機能はない。効果もない。

それでもマスクの形状をしたものを付けておけば、マスク警察みたいなのからは身を守れる。

もう本末転倒な気もするが、何よりもマスク着用が正義みたいになっちゃったから仕方がない。

La-2のマスク

今日はオッシュマンズでこんなマスクを見つけた。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6391

パッケージからして怪しげな感じもするが、調べてみるとLa-2という水着のメーカーらしい。ラドゥと読むそうな。

楽天だとこのショップにLa-2の製品の取り扱いがあった。

例えば元々はこんなのを売っている。

ラッシュガード素材

素材はラッシュガードの素材を使ってるらしい。そうそう、こういうのを探してたんだよ。マスクなんで試着ができないのだが、思い切って買ってみた。値段は660円。まあ許容範囲。見た目がマスクの形をしていればもうそれでいい。スポーツの際にはぴったりだろう。外で混雑していない場所を歩くのにはこんなんでいいだろう。とにかくマスクをしていないだけで嫌悪感を抱く人対策だ。

有名なところはこういうのは作らないだろうから、なかなかこれという製品に出会うのは難しい。試着もできないしね。洗ってもさすがラッシュガード素材ですぐ乾く。1枚あればこの夏は乗り切れそうだ。

通販もやっているようなので、とりあえず暑くないマスクの形状をしたものがほしいという方にはおすすめ。効果がないことだけは理解して使おう。