最近、株主優待の使用を失敗することが多い。

スポンサーリンク

なんといっても店員が使い方をよくわかっていないことが多すぎるのとホームページの案内がヘボいことが多い。

ひとつには支払い方法の多様化、キャッシュレス決済が多すぎてアナログな株主優待の存在が薄いのだ。

キャッシュレス決済は多くの店員も自身で使ったことがあるだろうが、自分が働いている店の株主優待を持っている店員は少ないだろう。

今日は久しぶりに株主優待を使っていい対応をされた

1株が高いコスモス薬品

最近、東京でも見かけるようになったコスモス薬品。株主優待があるのは知っていたが、1株の値段が高くてなかなか手が出なかったが、ちょっと下げ気味のときに買って優待の権利を得た。

その後、ちょっと値上げりのときに売ってしまったが、その後ぐんぐん値が上がりとても手が出ない状況になってしまった。思えば惜しいことをした。どうして自分が売ったものに限ってぐんぐん上がってしまうのか。

IMG 9290

現金しか使えないコスモス薬品

コスモス薬品は商品の値段は安いが今どき現金しか使えない。キャッシュレス決済ってとにかく手数料が高いので、こういう戦略もありなのだろう。

つまりはコスモス薬品で支払いで使えるのは現金と株主優待なのだ。

株主優待をもらうには100万円以上の投資が必要。現在は200万に届きそうな勢いだ。株主優待を持っている絶対数は少ないはずだが、果たして店員は理解しているだろうか。

ご支援ありがとうございます

初めて株主優待を使う店はドキドキする。邪険な扱いをされることもあるし、こちらが理解しておらずに使える条件を満たしていなかったりすることもある。

しかしさすが高額投資額の株主優待だけはある。店員さんから「ご支援ありがとうございます。」とお礼を言われる。うぉーこんな対応久しぶり。

そうそう、株主優待はこうでないと。そう、曲りなりにもその会社を支援しているのだ。株式会社は株主によって成り立っていることを店員にも理解させる必要はあるだろう。

株主優待見て固まるような店員ばかりの昨今、この対応はうれしかった。あーわずかな値上がりにつられて売ってしまったことを悔やまれる。もうちょっと値ごろになったら再度買ってみよう。

コスモス薬品は牛乳や卵が安いので、他の株主優待でカバーできないもの食品関係をカバーできる。

コスモス薬品応援したいぞ。